StephenYeong

满洲人,关注自己的家乡,关注更远的世界 微信公众号 GroundTour 豆瓣 杨大né 目前常驻哈尔滨 精神广府/泉州/桂林人 铁路/航空/轮渡/人文摄影与写作

満洲鉄道唱歌

發布於

藤晃太郎・作詞 古關裕爾・作曲

音频请见:満洲鉄道唱歌(上・下)霧島 昇・松原 操/松平 晃 作置版

あじあ号列车在新京站

(上)

  1. ああ大陸の朝ぼらけ
    波も微笑む大連の
    昔語りを後にして
    旅順の山の岩かげに
    涙で偲ぶ肉弾史
  2. 今目覚ましく起ち上る
    あじあ
    の響き溌剌と
    世界に誇る快速車
    線路の彼方野は晴れて
    血潮の跡に黍の波
  3. 見よ奉天の大空に
    なびく先駆の満鉄旗
    試練の坂も幾度か
    越えて一万有余キロ
    招くも嬉し旅心
  4. 東の門戸安東市
    西国境の山海関
    二条は結ぶ日・満・支
    広軌の夢は安らかに
    覚めて万里の長城に立つ

(下)

  1. 興亜のダイヤ狂ひな
    王道万里京図線
    楽土の栄眺めつつ
    千振、彌栄過ぎゆけば
    夕日に赤し松花江
  2. 伸び行く大厦高楼に
    棚引き匂ふ五色雲
    國都を北に距たれば
    改軌一夜になると聞く
    思出多き京濱線
  3. 装ひ駅既に新しき
    哈爾濱過ぎて國の涯
    黑河満洲里綏芬河
    邊土も今や開發の
    車輪はめぐる十重二十重
  4. ああ王道は鐡路より
    日に日に隆り日に進む
    しつかと大地踏みしめて
    理想に燃ゆる全満の
    民よ高らにいざ歌へ


创作背景:

満洲鉄道が路線長一万キロを突破したことを記念して、満洲鉄道旅客課は、満洲新聞社、コロムビアとタイアップして、『満洲鉄道唱歌』を作ることになり、歌詞を広く一般から公募した。

古関と西條八十、久保田宵二が選者として満洲に招かれたが、西條は都合がつかず渡満を見送った。

『満洲鉄道唱歌』は、松平晃、松原操、霧島昇の三名の歌手が歌い、発表会もこの三名が満洲に渡って、各地で開催された。

この年5月11日、ソ満国境でノモンハン事件が勃発し、関東軍とソ連軍とが戦闘を繰り広げていた。

そんな時期ではあったが、古関と久保田は、満洲全域を視察する旅に出た。西はチチハル、北はハルピン、東はチャムス、牡丹江、図們、南は大連、新義州まで足を延ばした。

ノモンハン事件のため、各地とも灯火管制をしており、暗闇の中の満洲旅行だったが、最後の大連に着いた頃、ようやく停戦協定が結ばれ、灯火管制は解除になった。

古関裕而、三十歳の年である。


来源:緑の指に乞食の眼.com

喜歡我的文章嗎?
別忘了給點支持與讚賞,讓我知道創作的路上有你陪伴。

CC BY-NC-ND 2.0 版權聲明
6

看不過癮?

一鍵登入,即可加入全球最優質中文創作社區