work404

ヘロインなどを包含む「硬性麻薬」を合法化する法案を米国の州が可決

11月4日、米オレゴン州で「109法案」の賛否を問う住民投票が行われた。その結果、55%の人が賛成票を投じ、「幻覚キノコ」の有効成分であるシロシロキシンの合法的な所持を認める法案が可決されました。続いて、麻薬合法化を支持する「110法案」も59%の圧倒的多数で可決された。これによりオレゴン州はアメリカで初めて「ハードドラッグ」を合法化した州となり、ヘロイン、シャブ、コカインなどの麻薬は同州民の合法的な所持物となった。オレゴン州では薬物使用はもはや犯罪ではありませんが薬物製造、麻薬密売、麻薬後の運転は依然として刑事犯罪です


「110法」によると、1グラム以下のヘロインまたはエクスタシー、2グラム以下のコカインまたはヒロポン、12グラム以下のシロキシン、40グラム以下の幻覚剤またはメサドン、オキシコドンの所持は、もはや犯罪行為ではない。ただし、この場合は100ドルの罰金が科せられる。所持者が断薬を受ければ、この罰金は免除される。


2014年にはオレゴン州がマリファナの娯楽化を加速させ、全米で最初に実現した。同州政府はこの法案を成立させ、大量の大麻税を課した。オレゴン州の大麻税は昨年だけで1億3300万ドルに達しました110番法は、州政府が麻薬に対して税金を徴収し、麻薬使用者の薬物離脱サービスに使うとしている。この法案はまた、これはオレゴンの麻薬政策の「人道的で効率的なコストの健康」の体現であり、薬物使用者をより効果的に管理し治療することができるとし、これは健康診断を通過した医療プログラムであると述べた。

喜歡我的文章嗎?
別忘了給點支持與讚賞,讓我知道創作的路上有你陪伴。

CC BY-NC-ND 2.0 版權聲明

看不過癮?

一鍵登入,即可加入全球最優質中文創作社區